借金の返済と貯金、どちらを優先するべき?

借金の返済と貯金をどっちを優先するべきかという問題はケースバイケースですが、一般的には借金返済を優先するべきであると言えます。
なぜなら、貯金をしたときに得られる利息よりも、借金にかかってくる利息のほうが圧倒的に高額になるからです。
特に、クレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借金については、優先的に返済をするべきです。
例外的に、住宅ローンのような低金利の借入ならば、貯金を優先したほうがよい場合もあります。
住宅ローンの金利は1%〜3%程度とかなり低めにおさえられています。
さらに、一度住宅ローンを繰り上げ返済してしまうと、後からなかったことにはできません。
例えば、手持ちのお金が100万円あったとして、それをすべて住宅ローンに使ってしまったら、手持ちのお金がゼロになります。
その後、冠婚葬祭などで急な出費が必要になり、消費者金融から金利18%で30万円程度を借りることになったら、かえって損をすることになってしまいます。
手持ちのお金として200万円程度は残しておくべきであり、手持ちのお金がそれよりも少ないならば貯金をしておくべきでしょう。
特に利用する予定もないお金が800万円くらいあるならば、持ちすぎている状態なので、600万円くらいはローン返済にあてましょう。

 

 

借金の返済期間は短いほうが有利?

借金の返済期間は長いより短いほうが絶対によいです。
キャッシングは金利が高めですが、初めて借りるときは高金利を実感しにくいものです。
借りる金額が少ないので、発生する利息も大したことはありません。
しかし、何度も増額融資を受けて借入総額が3倍、5倍となると、それに比例するように利息も増えていきます。
月々の支払額が増えてくると、多くの方は返済期間を延ばして負担を軽減しようとします。
1回あたりの支払額が少ないと、借金の深刻さに気づきにくいのですが、利息は非常に大きくなってしまうのです。
借金返済で損をしないためには、短期間返済を常に意識する必要があるでしょう。
ほとんどのローンは繰り上げ返済が可能ですから、随時多めに返して元金を減らしていきます。
元金を減らすことは利息軽減にもつながり、完済までの総支払額を減らすことにもなります。
借金を返すときは楽をすることを優先するのではなく、利息を減らすことを重視しましょう。
この意識を常に持っておくだけで、利息の支払いを減らすことができるのです。
早く返すためには、たくさん借りないことが重要なので、必要以上に借りないための借入計画を立てておきましょう。
ローンで調達したお金はすべて借金であり、自分のお金ではないのです。

 

 

サラリーマンの借金返済方法とは?

サラリーマンが作った借金の返済方法は色々ありますが、独身者の場合、給料の大半をお小遣いとして使う事が出来るので、比較的短期間で返済する事が出来ます。
しかし既婚者の場合は毎月決められたお小遣いしかもらえないので、なかなか思った通りに返せないのが現状です。
そんな時に絶対してはならないのが、パチンコや競馬などのギャンブルで、儲けて返済しようと言う事です。
サラリーマンが作る借金の多くは、急な飲み会や冠婚葬祭に旅行など、普段とは違う流れの中で手持ちがなくカードローンやキャッシングを利用するのですが、ギャンブルは軽い気持からはまってしまう事が問題になっています。
特にギャンブルで作った借金をギャンブルで返済しようと思う事はとても危険です。
少し考えればギャンブルが何故成立しているのかと言うと、結局負ける方が大半だからなのです。
既婚のサラリーマンが借金を返済する場合、金利が重い負担となっているので、早めに奥さんに打ち明けて相談することをおすすめします。
確かに信頼関係を失う可能性もありますが、金利分でも負担が軽くなれば比較的短期間で完済出来ます。
またどうしても奥さんや身内にバレない様にしたい場合は、休日にバイトなどをして資金を貯めるのも一つの方法です。

 

 

返済したら結婚出来る?

借金が返済できたら結婚しても良いでしょう。
借金返済の暁に結婚をすることで、現実を直視でき、自分自身を見つめ直す良い機会になります。
逆に、借金を隠しながら結婚し、バレてしまったときのことを考えてみましょう。
パートナーを失望させてしまい、信頼関係も崩れてしまうのです。
本当のことを隠して生活をしているというのも辛いことです。
無事に返済できたら、気持ちの上でもスッキリし、心機一転、結婚生活を歩み始めることができます。
返済後は、もう借金をしないように計画的にお金の管理をしていかなくてはなりません。
一度、借金をしたことがある人は、困った時に借りれば良いという考えが出てきてしまいます。
お金の管理が苦手という人は、パートナーにお金の管理をしてもらのが安心でしょう。
お金の悩みは、誰にも相談することもできずに追いつめられてしまいがちです。
悩み事を解消してから、結婚の話を進めていうことが一番です。
返済できたという達成感があれば、どんな悩み事も二人で乗り越えていくことができ、これからの二人の人生をもっと良く充実させてくれるはずです。
気持ちをスッキリさせた上で、次の一歩を踏み出すことが良いのです。

 

 

借金の返済を催促にはどうしたらいい?

返済期限を決めてお金を貸しても、その期日内にお金を返してもらえないことは珍しくありません。
このような時、関係が親しければ親しいほど、何度口頭で催促をしても意味をなさないため、本当に借金を返済してもらいたいのであれば文章にして催促をした方が良いでしょう。
しかし、借金返済を催促する文章は書き方を間違えてしまうと、脅迫とも取られて、逆に恐喝罪などで訴えられてしまうこともあるため、書き方には注意しなければいけません。
そこで借金返済を催促する文章の書き方ですが、まず法的な効力を持たせられるようにするためにも、相手の名前と自分の名前、請求日、債権額、新たな支払期限、振込先などの必要事項をしっかり明記しましょう。
ただし、これだけでは相手が逃げてしまう可能性もありますので、一括返済が難しい場合の対処は話し合いに応じるといった内容の文章も記載しておくとよいでしょう。
話し合いができるということで、相手側もこちらに対して連絡を取りやすくなるはずです。
もしも、こうした文章を送っても効果がない場合、期限内に連絡がなければ法的措置を講じるしかないといった旨を記して内容証明郵便で最後通告を送るとよいでしょう。
大切なことは感情的にならないことですので粛々と準備をして催促をするようにしましょう。

 

 

借金返済もつらい

借金返済というのは人によってはつらいものだと感じることもあります。
返済分だけ使えるお金が減るのですから、そう考えるのも無理はありません。
ただ、返済できる状況ならまだマシということもあります。
人によっては、多重債務になってしまって、全然返済が進まないということもあるからです。
借金返済が進まない状態なら、ここで新たに情報収集するというのも一つの手です。
1つのウェブサイトを紹介します。
借金苦の情報がすごくたくさんあるサイトです。
http://xn--u8jwggd6251bed1a9nkb56bkxya50d.jp/